めったにない事ですが・・・。No.01

リアルな友達から「最近デリヘルばっかり行って頭がおかしい人」というレッテルを貼られました。
確かに、はたから見ればかなりデリヘルへ行っていると思いますし、行った数では誰にも負けたくないというのが本音です。
ちなみに昨年は行き過ぎて金欠になってしまいました。多い時では一ヶ月に6回ほどでしょうか。相当デリヘルを使って記憶があります。
おかげで郡山のデリヘル数店からは名前を覚えられてしまったほどですから・・・。

こんなにも郡山のデリヘルに行っていると、ハプニングにも出くわします。
呼んだ子が知人だったというのが一番衝撃的でしたね。
その日私はいつも利用している店から一人の女の子を呼びました。
いたって普通そうな女の子でしたから、特に期待もせずにホテルで待機していました。

ノックの音がしてドアを開けると、なんだか見覚えのある女の子が立っていたのです
まさかと思い顔をじっくり見てみると、よく遊んでいる女友達だったのです。友だちも「あっ!!」という声をあげてどうしたら良いかわからない素振りをしていました。
まず落ち着いて座って話しようと言う事になり、お互いベッドに腰掛けて、なんでこんな所で働いているかの話になりました。
友達は金欠という事もあったそうなのですが、それよりも色々な男性とエッチな事がしたいというのが一番の理由でした。
それにしてもなんでバレるかもしれない地元の郡山で働いているのかと問うと、そこまで頭が回っていないようでした。
働いていて今まで知り合いに会ったという経験はなかったようです。

私は友達なのでちょっとそんな気にはならなかったのですが、突然彼女は私にキスをしてきました。
いきなりの事だったので、私も振り払うことができず、されるがままキスをしてしまった形になります。
そして事もあろうに友達はキスをしながら舌を入れてきました。さすがに「ちょっちょっ!!!」と一旦彼女の肩を掴み引き離すと、友達は泣いていました。
もうバレてしまったからにはどうにでもなれ!と思ったようで、ヤケクソでキスしてきたらしい。

ちょっとその行動に興奮してしまった私は、良からぬことを考えてしまいます。そうです。このまま友達とやりたくなってしまったのです。
私の感情は友たちの顔を見ているだけで、だんだんと揺れ動いていのが自分でも分かりました。
それを象徴するかのごとく、私の股間はビンビンと聳えたち、履いているパンツを突き破らんばかりに硬く硬直してしまいました。
なんだかどこかのドラマのような展開になってしまいましたが、デリヘルを呼んでプレイもせず、お互い色々なことを考えて沈黙の時間だけが過ぎて行きます。
友達は、仕事として割り切ってプレイさせてなんて行ってきましたが、私は心の整理がつかず、今後の友達関係がどうなるかも不安でした。

友達は再度抱きついてキスをしてきました。
そして大きくなった私のチンコをいやらしい手つきで撫でてくるのです。
私はもうこの時点で理性というものが無くなってしまい、欲望を止めることができなくなっていました。
彼女の胸を触ってみると、意外に巨乳だったので驚きました。普段はおっぱいが目立たない洋服を着ていたのか、巨乳というイメージはなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です